撮影に至った経緯

2019年5月、華飛メンバーで空撮合宿に行ってきました!合宿をするからには、何か成果を残したい!!
…ということで、華飛として、今回の合宿のゴールを「PV撮影」に設定。その1テーマとして決まったのが、今回お世話になった宿泊施設である、甘利山グリーンロッジの【紹介動画】でした。

ロッジの紹介動画案をメンバーと話し合っていた時に、ふと、オンナノコズのPVを思い出しました。オンナノコズのPVといえば、マイクロドローンを使ったワンカット撮影で世間に衝撃を与えたPVです。

そう、ワンカット動画の撮影はマイクロドローン使いの憧れ、と言っても過言ではありません。
「この機会にワンカットで撮ってみたい」という提案をしたところ、あれよあれよと撮影が始まる流れになりました!!

ノリが良く、ドローンに貪欲な華飛メンバー、最高ですね(笑)
2_構図を話し合っている写真

撮影スタート!

まずはロッジ内のどの場所を撮るかを考えました。
ロッジさん側の要望もとり入れつつ、映像を見た人が「泊まりたい!」と思ってくれるような場面を想像します。

動画を見て、宿泊するときの過ごし方に胸を踊らせる。
そんな観点で場所を決めました。

あーだこーだと意見を出し合って、最終的に 【入ってすぐの憩いのスペース】、【お泊まりする部屋】、【ヨガ体験】、【ハンモック】の4箇所に焦点を当てることに決めました。

そのあと、どんな順序で周り、それぞれの場所でどんな風に撮影すれば魅力が伝わるのか、話し合います。
この意見の出し合いも楽しい!!話し合いの中で、「私たちで、ロッジを楽しんでいる様子を体現したい!」と言う意見が出て、華飛メンバー自身が出演することに!(笑)

大体のイメージがついたら早速撮影に入ります。
各自持ち場に待機し、操縦者である私は「次、XXいきまーす!」と進行状況を伝えつつ、機体を進めます。
みんなノリノリな動きで、楽しげに演じてくれるので、操縦しながら始終ニヤニヤしていました。(笑)

撮影後は、みんなで映像チェックです。
思いの外キレイなフルHD画像に、メンバーも大興奮!

あとは……もっと私に技術があれば……と思ってしまいましたが
全部で3回の撮影にも関わらず、みんなサービス精神旺盛で、いろんな表情・アクションで私(撮影者)を楽しませてくれたのがうれしかったです。

やってみた感想

まず、ワンカットで撮影するワクワク感と緊張感はひとしおでした!

ただ、自分の力不足(操縦、機体の設定値含め)で、まだ不安定な飛びの映像になってしまったのと、途中で失敗したら全てが終わると言うプレッシャーで、あまりチャレンジングな飛行ができなかったのは反省点でした。
もっと腕を磨いて、この先面白い構図も撮っていきたいので、乞うご期待!!
……と言うことにしておいてください(笑)

その他に、良かったこともたくさんありました。
まず、みんなで意見を出し合うことが楽しく、自分にはない視点や構図がとても勉強にもなりました。

また、映像の中に人が映り込むことで、施設の雰囲気がより伝わるとともに、さらに動きのある映像になったのも良かったです。
そして何より、1つの作品を作ることができたのはとても良い経験となりました。

今後も、その場所の魅力はもちろん、マイクロドローンの魅力も伝えられるような動画を撮影していければと思います。
……そして、仲間(マイクロドローン使い)を増やすことができれば、万々歳です!!!

さて、そんなこんなで出来上がった動画が、こちらです!
まだまだ未熟な操縦技術ですが、ロッジの魅力が伝われば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事