日光紅葉

こんにちは!
慌ただしい日々が続く今日この頃ですが、いつかいつかと先送りし続けてしまっていた所へようやく空撮へ行くことができました!
今日はその念願の場所について書いてみようかと思います。

いつかは空撮に行きたかった場所に行けることに

いつかドローンで撮りたいと密かに思ってた場所。
秋は最高だろうと思ってた場所。
俯瞰好きにはたまらない場所・・・

日光いろは坂!

いつかいつかと思いつつ、自然はかくも人間のスケジュールには一切合わせてくれません。
このいつかは来ないのかも・・・
忘れかけていた今年の春先に、ハナビ運営スタッフとの何気ない会話の中で「秋のいろは坂に行きたい」と洩らしたことから今回のことが浮上。

それから月日はあっという間に過ぎ去り、実際動き出したのが9月下旬。
終わってしまっては勿体ない!ということで日程調整できたのが10月頭。
少し早くても旬が過ぎてしまうよりは!ということで行ってきました。

新宿から特急日光号で東武日光へ

東部日光駅
日光へは自家用車を利用する方も多いと思いますが、今回は電車を利用してみることに。
新宿の特急日光号のホームでハナビ運営スタッフと待ち合わせ。ホームで指定席券を購入し車内へ乗り込み、2時間。
東部日光駅に到着。電車だと渋滞もないので、すんなり着くので、これはこれでいいですね。

目的駅の改札を出た時の高揚感は何度経験しても新鮮です。駅前でレンタカーの手続きを済ませ、荷物を積み込みいざ出発!
今から空撮するのが楽しみです!

念願のいろは坂で空撮

いろは坂空撮・ドローン映像
季節ものの撮影時期は本当に難しい…。紅葉にはまだ早かったですが、標高の高いところからこれからうっすら色づいてくる気配が感じられます。
この俯瞰からのいろは坂はドローンでの撮影ならではですね。

中禅寺湖と男体山を眺めながらランチ

目の前に中禅寺湖と男体山が眺められるランチ
存分にドローン空撮を味わった後は、懐かしさも感じられる学生時代の修学旅行以来の再訪となる中禅寺湖へ移動。素晴らしい景観を目の当たりにランチを頂きました。日常の忙しさを忘れるゆっくりした時間が過ごせるのも空撮旅ならではですね。

華厳の滝の圧倒的な壮大さで心身ともにリフレッシュ

華厳の滝
日光にはまだまだ魅力的なところがありますよね。最後に華厳の滝へ行き、エレベーターで下まで降りてみました。この滝の壮大さの前では、悩みや迷いが綺麗に浄化されていくようです。スッキリした気持ちでリフレッシュにもなりました。
学生の頃同じものを見たはずなのに、考えること感じることはすっかり様変わりしている自分がいました。

日光の魅力1・気軽にリフレッシュに行ける

紅葉時期のいろは坂ドローン撮影ができればいい。当初はそれだけ考えてましたが、実際に行ってみるとそれだけではなく季節を感じ、土地のいい「気」を頂き心身ともにリフレッシュできました!

日光エリアは自然・歴史・観光・グルメ・癒し・ちょっとした非日常体験などコンパクトにまとまっており、新宿から特急1本乗り換えなしの2時間、日帰りでいける気軽さが魅力。

今回は立ち寄れませんでしたが、絶景で有名な鬼怒楯岩大吊橋や鬼怒川を船で降りていく鬼怒川ライン下りなんかにもそのうち参加してみたいですね。
もう少し時間を取ることができたらちょっと足を延ばして鬼怒川温泉に行ってみるのも良さそうです。

ここ、日光にある鬼怒川温泉は古くは江戸時代から始まる由緒正しい温泉街です。お湯は神経痛や疲労回復に効果があると言われているアルカリ性単純温泉で、肌に優しい滑らかな水質が特徴の温泉となっているんですよ。

近くには日光江戸村や東部ワールドスクウェアなどもあるので1人でリフレッシュしたい時はもちろん、家族で遊びたい時にもおススメのスポットです!

日光の魅力2・季節ごとに変わる表情を見続けたい

中禅寺
紅葉の時期にはまだ少し早かったですが、これから色づき始める木々を見ていると次の季節への高揚感が徐々に高まっていきます。変わりゆく季節、繰り返す季節、何度見てもこの景色は異なる表情を見せてくれる。

それを見に、またここへ来ようと思いました。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事